使ってるピルが合わないと思ったら変更する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使っている低用量ピルが合わないと感じた場合の変更のタイミングの注意点としては、副作用を感じた時点で変更するのではなく、その時服用している1シートは飲み終えてから変更するのが一般的です。
低用量ピルには配合されている女性ホルモンの種類によって様々な製品がありますので、服用している途中で他の低用量ピルに変更しても正しく避妊効果を得ることが出来ません。
低用量ピルで起こりがちな症状は、妊娠中に起こるマイナートラブルとよく似ており、つわりのような症状や肌の異常、むくみや体重増加、頭痛や吐き気などは妊娠中のマイナートラブルでピルの服用中にもよくある症状です。
低用量ピルを服用し始めて、合わないと感じることは少なくありません。特に新しく飲み始めた場合にはそれまで使っていた製品との違いに身体が反応し、様々なマイナートラブル様の症状が出ることがあります。
注意点としては、合わないと感じたときに新しい低用量ピルを飲み始めるのではなく、そのシートは飲みきって休薬期間をおいてから新しいものを服用することです。
吐き気や頭痛などは特に低用量ピルの副作用として多く見られる症状ですので心配になって薬の服用をやめてしまったり違うものを服用したくなります。
しかし、それぞれの低用量ピルの成分は異なりますので合わないと感じたタイミングで違うものを飲まないことが注意点です。

低用量ピルを服用していて起こるマイナートラブルで多い吐き気や眠気、だるさといった症状は服用を続けているうちに徐々に体が慣れることによって消失していきます。
この症状は多くの方が初めは感じる症状ですが、身体が慣れてくると日増しに症状が出なくなり、快適に過ごすことが出来るようになります。
少しの吐き気や頭痛などが気になるといった場合は飲み続けても良いですし、どうしても会わないと感じたら婦人科で種類を変更してもらうと良いでしょう。

婦人科で扱っている低用量ピルにはいくつかの種類がありますが、以前から使われていた中用量タイプと異なり最近ではホルモン含有量の少ないタイプが主流になっています。
そのため、もともと副作用が起こりにくくはなっていますが、現在使っているものとの相性が悪い場合はその旨を医師に相談して、違う種類のタイプを処方してもらうと良いでしょう。
その場合はホルモン含有量が少ないタイプや副作用が少ないといわれる新しいタイプの製品を試すことをおすすめします。

違うピルに変更する際はいつのタイミングなのか?

低用量ピルを服用していて、身体に合わないからといってすぐにやめてしまったり変更してしまうのではなく、ベストのタイミングは1シートを飲み終えて休薬期間をあけてから決められた日にちに飲み始めましょう。
製品によっては休薬期間が無くプラセボといった偽薬が入っていて続けて飲むようになっているタイプもあります。
毎日同じ時間に規則正しく服用することで避妊の効果が得られますので、勝手な判断でやめてしまったり急に違う製品に変えることの無いようにしましょう。
現在服用している低用量ピルが合わないと感じた時点で医師に相談し、症状やその重さなどを伝えると副作用の少ない低用量ピルに変更してもらえるケースがあります。
多くの場合は初めは2シート程度処方されますが、副作用が多い場合は1シートから試してみても良いでしょう。

マイナートラブルと呼ばれる症状は多くの方に現れる症状ですのでほとんどの場合心配はいりません。
しかし体調が悪くて日常生活に支障をきたす場合はその製品との相性が悪いことが考えられますので、あたらしいピルに変更する事で快適に日常生活を送ることが出来ます。
変更するタイミングは、次のシートを服用する予定と同様に考えておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加