低用量ピルとアフターピルの違いと用途

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低用量ピルとアフターピル、どちらもピルという名前がついており女性ホルモンの分泌量をコントロールすることで妊娠を防ぐことができるという共通点はありますが、服用方法と用途に違いがあります。
きちんと理解しておくことが、望まない妊娠を防ぐために大切なポイントとあります。
低用量ピルの服用方法は「毎日同じ時間に飲む」ことです。
用途としては体内の女性ホルモンを妊娠している時と同様の状態にして排卵を抑制し、性交渉の際に精子が子宮に入り込んだとしても、妊娠を防ぐという用途のために服用するものです。
低用量ピルを服用する場合のポイントは「毎日同じ時間に飲む」ことです。これは体内の女性ホルモンの濃度が大きく変化してしまい、排卵が起こってしまうのを防ぐためです。
そのため、毎日同じ時間にアラームを鳴らす、毎日決まった時間に行っている行動の際に飲む、といったように、服用を習慣化することが大切になります。

それに対してアフターピルは、避妊に失敗した時に服用するという点が低用量ピルとの違いです。低用量ピルのように毎日飲むものではなく、避妊に失敗した時に72時間以内に服用することで妊娠する確率を低くします。
アフターピルは低用量ピルよりも配合されている女性ホルモンの濃度が高いという違いもあり、一気に体内の女性ホルモンの濃度を変化させることで排卵間近の場合には排卵をストップさせたり、生理を引き起こして受精卵が着床できなくするという働きがあります。
低用量ピルは毎日きちんと飲んでいればほぼ100%の確率で妊娠を防ぐことができるといわれていますが、アフターピルの場合には避妊に失敗してから72時間を超えてしまうと、服用しても効果が期待できないとも言われています。
また、低用量ピルとアフターピルとの違いは、配合されている女性ホルモンの濃度にもあります。低用量ピルは毎日飲むことが前提となっていますので、比較的配合されている女性ホルモンの量が少なく、身体への負担も小さくなっています。

それに対してアフターピルは72時間という限られた時間の中で体内の女性ホルモンの濃度を変化させなければいけませんので、配合されている女性ホルモンの濃度も濃いのが特徴です。
日本ではアフターピルではなく中用量ピルをアフターピルの代用とする医療機関もあるといいますので、当然低用量ピルよりも身体への負担が大きくなります。
服用方法が避妊に失敗した時だけで、毎日継続するものではないというのも、身体への負担が理由となっています。

低用量ピルとアフターピルでも妊娠を回避できない

低用量ピルを服用していても、アフターピルを服用しても、妊娠してしまう可能性は0になることはありません。
そもそもアフターピルはすでに子宮内に精子が入ってしまっている状態で服用しますので、服用のタイミングが避妊に失敗してすぐであっても1.34%は妊娠してしまうというデータがあります。
また、低用量ピルをきちんと飲んでいたとしても、飲み始めの「生理初日」を勘違いしてしまい、飲み忘れずにきちんと飲んでいても妊娠してしまうことがあります。
生理の最初がおりもののような状態からスタートする場合には、生理2日目以降に飲み始めてしまって排卵が起こってしまうケースがあります。

他にも女性ホルモンのバランスをコントロールするために低用量ピルを服用しても、身体がホルモンバランスを上手く妊娠している時と同様に調整することができずに、排卵が起こってしまうケースもあるといわれています。
これらのケースが原因の場合には、自分の努力だけではどうすることもできませんので、医師の診察を受けて適切な低用量ピルを処方してもらうようにしましょう。
低用量ピル、アフターピル共通の原因としては、嘔吐や下痢といった体調不良によって体内にホルモンがきちんと吸収されていないというものもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加