ピル服用での乳がんとの因果関係について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代の女性のライフスタイルに合わせるように、手軽に処方される事が可能となったピル。働く女性やホルモン系の病気を患う人の治療薬として使用され、一般的な女性の為の薬とされています。
この薬は症状に合わせて処方をされますが、高用量と中用量ピルは、ホルモンの疾患の治療薬として使われます。低用量ピルは、避妊や生理異常、また、ニキビの治療薬や多毛症などに処方される事が多いです。
このような女性の疾患に対して効果を促すピルですが、ホルモンに作用する事によって、乳がんのリスクが高まるという事が言われています。

実際に病気を治す為に服用している薬が、乳がんという大きな疾患を引き起こすという事があるのでしょうか。
ピルには女性ホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンが合成的に含まれています。これらのホルモンの作用を利用する事で、治療や予防薬としての役割を果たしますが、特にエストロゲンという成分は、乳がんとの大きな因果関係があります。
乳がんの発症には様々な原因がありますが、比較的多いとされているのが、女性ホルモンのエストロゲンによってガン細胞が増加、促進し、エストロゲン依存型を引き起こすタイプです。
簡単に言えば、エストロゲンをエサとして、ガン細胞が促進増加するという事です。

ピルを服用していない女性であっても、このエストロゲン依存型の乳がんになる人は多く、女性であるが故に発症しやすい疾患でもあります。
元々体に備わっているホルモンによって発症する可能性があるので、ましてやピルによって更にエストロゲンを増やすという事にリスクが無いとは言えません。
このような事実から、ピルそのものが乳がんを増加させる原因になる、という認識が広まり、ピルの危険性や副作用が注目されてしまう事になりました。ピルや乳がんは、女性にとってデリケートな問題でもあるので、心配する声も多かったのかもしれません。
ただし現在の医療関係者における研究では、低用量ピルに対しては、乳がん発症のリスクは低いという見解です。特に低用量ピルのエストロゲンの含有率は、高用、中用に比べて少ない事からも、問題のない範囲であると言われています。
医師の判断によって処方される分には、大きな心配をする必要は無いようです。ただ、すでに乳がんにかかった事がある人の場合は、再発の予防の為にも、ピルの服用は避けるべきです。
身内などに乳がん患者がいる場合も、慎重に判断する必要があります。

日本人女性は乳がんに掛かる割り合いが増加している

現在、日本人女性は乳がんになる確率が高くなってきています。遺伝的要素による場合の他に、生活環境の変化や、ストレス過多によるホルモンバランスの乱れなども大きく関連しています。
特に働く女性の中では、妊娠出産を望まない場合もあり、結果的に常に女性ホルモンを出し続けている状態を作っている場合でもリスクが上がります。このような状態がエストロゲン依存型の増加の原因となっている理由の一つです。
乳がんと女性ホルモンの因果関係は切っても切れないものである事から、ホルモン作用のあるピルは、むやみに服用せずに、しっかりと医師の管理下で利用しましょう。
また美容のために、女性ホルモンの作用と同じような効果のある、サプリメントなどを服用している人は、自己判断での大量摂取は控えた方が良いです。

女性独特の疾患である、乳がんや子宮がんなどは、エストロゲンと因果関係があるとされる事から、それぞれの治療にも、女性ホルモンの促進を抑える抗エストロゲン剤などを利用します。
結果的に、がんの発生も、治療も、全てが女性ホルモンと関わりがあるという事です。
低用量ピルは安全だとされていますが、このように女性に多い疾患は、女性ホルモンによるリスクがあるという事をしっかりと認識しておく必要があります。
一番のお勧めは、普段から自身の健康管理をする意味も込めて、婦人科やレディースクリニックなどでの診察や、がん検診などを行い、体の状態を把握しておく事です。
もしもがんを患ってしまったとしても、早期発見であればあるほど、治療の選択肢も増えますから、恐れる必要は無いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加