ピルは婦人科じゃなくても購入することができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年は、我が国においても低用量ピルがようやく解禁となり、服用しようと婦人科を受診し始める女性が増えているようです。
低用量ピルには、高い避妊効果が期待できると言うのは周知の事実ですが、加えて女性に取っては切り離して考えることのできない生理習慣を快適なものにさせる効能が認められています。
そのため日常生活の質を向上させる目的で服用を希望する方も少なくありません。

ピルを飲みたいと考えたら、まずは取り扱いのある婦人科に行き、診察や血液検査を受けます。
服用に問題なしと診断されれば、医師に処方箋を書いてもらい、飲み方の指導を受けて、晴れて薬を購入できる、というのが一般的に理解されている流れです。
しかし、日本のクリニックで処方されているピルは、大半が海外の製薬会社が開発し、販売している医薬品なので、個人的に海外から買いつければ、購入することはできるのです。
前述したように、服用に当たっては、日常的に服用している医薬品やサプリメントなどがある場合、あるいは、既往歴や年齢によっては服用不可となる場合もあります。
医師の診断が必要なため、初回には、婦人科で血液検査をはじめ内診も受けるべきですが、継続して服用するならば、少しでも安価に抑えたい、という方も多いでしょう。

日本の婦人科でピルを購入するとなると、婦人科疾患の治療に使用する以外には保険は適用されません。どうしても一回当たりの支払い額も高くなってしまい、毎月負担するのが厳しい、という女性の意見も聞かれています。
そんな時にお勧めなのがネット通販での購入で、処方箋不可で、価格もクリニックの半値以下、まとめて買える格安サイトもあるので、毎日消耗する必需品として考えるならば、とても助かります。
ネット通販では、海外の医薬品を個人に代わって買いつけてくれる、個人輸入代行業者があるので、そういったサイトを介せば、通常のネット通販で物を買うのと同じ工程でピルも買うことが出来ます。
クリニックで処方され、身体に合うピルの種類が見つかっているのであれば、ネット通販でまとめて購入しておけば、うっかり切らしてしまうこともないので安心です。
海外の薬なので為替事情により、値段が変わることもあるため、思わぬ格安で販売されている時期もあるので、少しでも安く済ませたいと考えているならば継続使用の場合にはぜひ、ネット通販を利用して見ましょう。
送料も無料となっているサイトもあり、通院費が確実に節約できます。

ネット通販を購入する際の注意点

ネット通販でピルを買う場合において、いくつかの注意点があるので、期待する効能を得るためにも、しっかりと理解をしておくことが大切です。
鉄則として、正規の薬を正規のルートで買いつけている優良業者から買う、ということは当然で、格安という言葉に惹かれて、偽薬を売りつける悪質業者にだまされないようにしましょう。

業者の見極め方の注意点は、サイトホームページで、日本語表記がおかしい場合や、実績が浅い場合などは、日本の業者でないケースもあり、健康被害の危険性も考えられます。
口コミ評価を参考にし、販売実績が豊富にあり、信頼できる業者から買うことが重要です。

ピルの飲み方は正しく理解していることは当然で、服用初心者がいきなりネット通販で買うのは止めましょう。
処方箋不可ということは、自己責任であるということなので、検査なしで服用し、強い副作用が出てしまったとしても、代行業者は何ら責任は負ってくれません。
ピルには、身体に合う、合わないがあるので、自分にあった種類が確定するまでは、クリニックに通院する方が安心です。
飲み続けるうえでの注意点では、定期的に婦人科検診を受けることで、低用量であっても女性ホルモンを服用していることには変わりないので、ネットで買っている場合にはなおさら、検診は受けるようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加