ピルの副作用で眠気が出た時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピルの副作用で眠気が出た女性ピルを飲み始めると、様々なトラブルが起こると言われています。中でも、眠気、吐き気、腹痛、頭痛、胸の張りや痛みを感じる方は多いようです。
トラブルと聞くと、どうしても不安になりますが、先に紹介したようなトラブルは起こりやすいものであり、症状も軽い事から、決して不安になる必要はありません。

しかし、あまりにもトラブルが長い期間続く、なかなか治まる気配がないといった状態となった場合、無理をしてピルを飲み続ける必要はありません。
ピルには様々な種類があるので、専門医と相談し、ピルの種類を変えるという対処法があります。実際に、種類を変えただけでトラブルが治まるというケースは、珍しい事ではありません。
その為、いくら軽い症状でも長い期間続く場合や、治まる気配がない時には、専門医に相談すると良いでしょう。
こうした一連のピルのトラブルに関係しているのが、女性ホルモンです。ピルを飲み始めると、体内では、女性ホルモンが大量に分泌されているような状況になります。つまり、妊娠初期のような状況になるのです。
その結果、妊娠初期によく見られるような症状が、トラブルとして現れやすくなるという訳です。その為、医学的に見てもこうした軽いトラブルは、治療を行う必要がないと言われています。
それでもピルのトラブルを少しでも抑えたいというのであれば、飲む時間帯を変更するという対処法がオススメです。一般的に早朝や空腹の際にピルを服用すると、トラブルが起こりやすいと言われています。
そこで、早朝や空腹の際は服用を控え、就寝前や夕食後に飲む時間帯を変更すると良いでしょう。

また、ピルとトラブルの関係性を気にするがあまり、本来のピルの働きを忘れてしまっている女性も少なくありません。
本来の働きとは、月経周期を安定させる事や月経障害の改善、婦人科特有の疾患の予防及びPMSの予防などが挙げられます。その為、本来の働きによる効果が出ているかどうかを、トラブルよりも気にするべきと言えるでしょう。
もし、本来の働きが期待できないようであれば、専門医に相談し、ピルの種類を変更してもらうといった対処法に取り組むべきでしょう。
特に月経周期の安定という効果は、イベントや旅行のスケジュールが立てやすくなると、多くの女性から支持されている効果です。
さらに、月経痛の軽減や月経の際の出血量を減らす事による貧血予防といった効果も、女性にとっては嬉しいものです。その為、トラブルばかり気にせず、メリットにも目を向けましょう。

ピル服用からどれくらいで眠気がくるのか?

ピルを飲み始めるようになってから、眠気が来るようになったという女性は少なくありません。特に眠気は、ピルを飲み始めた頃に多いトラブルの1つです。
実際に飲み始めてから、1週間から2週間程度の期間が経過すれば、眠気は治まると言われています。その為、眠気が来るからピルの服用をやめるといった必要性は一切ありません。

眠気の理由として考えられるのが、女性ホルモンの影響です。ピルを服用すると、黄体ホルモンと呼ばれる、体温を上げる働きを持つ女性ホルモンが分泌されます。
そうすると、夜になっても体温が下がる事がなく、眠りにくくなってしまい、眠る事が出来たとしても、睡眠の質が低下してしまいます。その結果、日中に眠気がやって来てしまうという仕組みです。

また、眠気と共に倦怠感を感じるという方もいますが、これも黄体ホルモンの分泌量の増加が関係しています。黄体ホルモンには、体内の水分を溜めこむという働きがあります。
その為、むくみが生じやすい状況となり、むくみが生じると今度は体内の老廃物を排出しにくくなってしまいます。老廃物が体内に溜まると、倦怠感を生じる事になるので、眠気と共に倦怠感を感じる事は、決して珍しい事ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加