ピルには様々な効果がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピルと聞くと、女性が主体となって避妊を目的として使用するためのものだという認識の方も多いかとは思いますが、実はその他にも様々な効果があるということはあまり知られていません。
そもそもピルとは、女性ホルモンのバランスを整える治療薬でもありますので、生理不順や生理痛が酷いなどの月経困難症の場合や、それらに伴うPMS(月経前症状)に悩まされている方などにも処方されることがあります。
ピルは正しく服用することによって月経周期を比較的に規則正しく安定化させることができますので、生理不順の治療にも非常に効果的なのです。
また、月経の周期が整うことに加えて生理痛の痛みの程度などや出血過多の緩和などの効果も期待できます。
生理不順や生理痛の悩みが改善することで、PMSについてももおのずとよくなる場合が多いです。
しかも、生理中の出血の量や生理の期間自体も少なく短くなり、生理中や前後の痛みや不快感なども軽減されるため、月経困難症やPMSの改善も期待できます。
加えて女性ホルモンのバランスを整えることでにきびなどができにくくなることや、徐々に体毛が薄れて多毛症が改善する例もあります。
にきびの原因の一つである過剰な皮脂の分泌は、女性の場合は主に卵巣で作られている男性ホルモンによって引き起こされることが多いです。
ピルを服用してこれらの原因となるホルモンのバランスを微調整することで皮脂の分泌も段々と減少し、そのことによってにきびの程度や発生する頻度自体も少なくなります。

多毛症に関しても、原因が男性ホルモンの影響によるものである場合には、ピルで女性ホルモンを摂りいれて体内のホルモンバランスを調整することによって改善が期待できます。
ただ、多嚢胞性卵巣症候群という病気が原因の多毛症である場合については、きちんと病院で診てもらうことが必要です。
また、ピルを飲むことで卵巣がんや子宮がんのリスクが減少するという研究や、骨粗しょう症の予防効果があるという報告もあります。
他にも自律神経失調症の軽減などの例もあり、必ずしも避妊だけに焦点を当てるべき薬ではないのです。
このように、ピルの主な作用は確かに避妊効果ではありますが、ホルモンを含む治療薬であるため他にも様々な作用を持っています。
経口避妊薬というその名称から作用を知らない人には誤解されがちですが、避妊以外の目的でピルを飲むという選択肢を選ぶという方も、最近では少なくありません。

ピルは女性に必要なホルモン剤となっている

そもそもピルは女性ホルモンのバランスを整えるものですので、女性の体にとって必要であるホルモンで構成されています。
広く使用されているピルでは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれている、女性の体内(卵巣)で自然に作られる2種類のホルモンが含まれている場合が多いです。
これらの両方が体内で作られているのは、自然な状態では排卵してから生理が来るまでの間もしくは妊娠している期間です。
そうした状態を人工的に作り出すことや、服薬を止めるもしくはホルモンを含まない錠剤を飲む期間を設けることで月経に関するホルモンの周期を規則的にしているのです。

妊娠を望んでいないから、月経困難症だから、月経の周期を整えたいから、にきびのない肌になりたいから。
そうした様々な理由でピルを服用するという選択肢が選ばれることもあります。
女性の社会進出によるライフスタイルの変化、望まない妊娠やそれに伴う人工妊娠中絶などの課題を解決する手段としても、女性にとってピルは必要とされています。
体の中のバランスを整え、それに伴ってメンタル的にも調子を整えられる。
そんな選択肢の一つとしても、ピルは有益なホルモン剤なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加