アフターピル服用による吐き気の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフターピルは避妊に失敗した時に72時間以内に服用することで、妊娠する可能性を低減させることができるものです。
その仕組みは、アフターピルに配合されている女性ホルモンが身体に吸収されると、体内の女性ホルモンの濃度を変化させます。
体内の女性ホルモンの量の変化によって、生理をひきおこしたり排卵間近の場合には排卵をストップさせたり、子宮内の粘液の粘度を上げて精子が卵子にたどり着けないようにするというものです。
しかしアフターピルの服用は急激に体内の女性ホルモンの濃度を変化させますので、服用することによって副作用が起こることがあります。

アフターピルを服用した時の副作用の代表的なものには、嘔吐や吐き気、胸の張り、腹痛などがあります。
胸の張りや腹痛は24時間程度で落ち着く症状のため、あまり深く考えすぎないでも良いといわれていますが、嘔吐や吐き気には注意が必要です。
アフターピルを服用してから嘔吐してしまった場合には、せっかく服用してもその成分が身体に吸収されないケースがあり、妊娠してしまう可能性が上昇してしまいます。
また、吐き気も同様に嘔吐のきっかけになってしまったり、日常生活を送ることが難しくなってしまいます。そのため、病院ではアフターピルと一緒に吐き気止めの薬を処方されることがあります。
吐き気止めの薬はその名前の通り吐き気を抑制するための物です。アフターピルとの併用は身体への悪影響はありませんし、アフターピルの効果への影響もありませんので、併用することが可能になっているのです。
しかし、全ての病院で吐き気への対処法として吐き気止めが処方されるわけではありません。

病院で吐き気止めを処方されなかった場合には、市販薬の酔い止めを利用するという対処法を行っても問題ないといわれています。
病院での薬の処方は、アフターピルが健康保険が利用できないことから、吐き気止めも健康保険の対象とはなりませんので費用が高額になってしまいます。
そのため、市販薬の酔い止めを利用するという対処法を行うことで、かかる費用を軽減することも可能になります。
市販薬の酔い止めは吐き気が起きるのを予防するものや、症状が出てから服用しても問題がないものがありますが、どちらのタイプであっても併用することは問題ありません。
嘔吐や吐き気によってアフターピルの効果がなくなってしまうことが不安だという場合には、同時に服用しておくようにすると良いでしょう。

アフターピルによる吐き気は胃薬で改善されるのか?

アフターピルによる吐き気に、手持ちの胃薬を利用しようと考える人がいるかもしれません。しかし一般的な吐き気とアフターピルを服用したことで起こる吐き気とは、自分自身の感じ方は同じであっても、その原因が違います。
アフターピルの服用で起こる吐き気は、ホルモンバランスの変化が原因で起こるものです。アフターピルを飲むと、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの濃度が上昇します。
エストロゲンには嘔吐中枢を刺激する働きがあります。さらにエストロゲンは嗅覚を敏感にする働きがありますので、普段は何ともない匂いが原因になり、吐き気をもよおしてしまうことがあります。
エストロゲンにはインスリンの働きを悪くして、低血糖を起こす働きもありますので、その結果、嘔吐中枢が刺激されて吐き気が起こってしまうのです。

一般的な市販薬の胃薬は胃の粘膜などの状態を整える働きはありますが、ホルモンが嘔吐中枢に与える影響を取り除いたりすることは出来ません。そのため、どれだけ服用しても吐き気が治まることはないといえます。
市販薬で吐き気を抑制したいという場合には、原因となる状態を改善する効果がある、酔い止めや吐き気止めを購入して服用した方が、症状を改善してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加