アフターピル服用による副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急避妊のためにアフターピルを服用することがあります。望まない妊娠を避けるためには必要なことであり、該当する行為があってから72時間以内に服用することで正しい効果を得ることができます。
アフターピルを服用すると排卵を抑制したり受精を妨げたり、万が一受精卵ができてしまっても着床を阻止することができます。
アフターピルには主に二種類があり、ヤッペ法とノルレボ法とがあります。

ヤッペ法
性交後にまずは72時間以内に2錠を服用し、その12時間後に更に2錠を服用します。病院で処方してもらえる薬ですが、かかる費用は大体5,000円ほどです。

ノルレボ法
同じく性行後に72時間以内に2錠を服用します。ヤッペ法と違ってその後に追加で服用することはなく、かかる費用は15,000円ほどです。
妊娠を阻止できる確率はノルレボ法の方が高くなりますので、少々高額でもこちらの方を選んだ方が安心だと言えます。

このアフターピルを服用すると体内ではどのような変化が起こるのかというと、ホルモン状態が月経前あるいは妊娠中に近い状態へと変化します。
このホルモンの働きによって妊娠を阻止することができるのですが、それと同時に副作用も起こります。ただし、副作用の表れ方には個人差がとても大きく、中には全く表れない人もいます。
現れる場合でも程度の差がありますし、期間も人によって異なりますので、一般的にはどのような表れ方をするのかを覚えておくと良いかもしれません。
この副作用は、体内で女性ホルモンの急激な増加が起こることにより体が拒否反応を起こすために引き起こされます。ほとんどの人は服用してから24時間以内に少しずつ落ち着いていきます。
口から服用したアフターピルは胃腸からホルモンが吸収されるのですが、その後血中に流れ出して全身に運ばれますので、服用後2~3時間すると現れ始めることが多いようです。

服用したアフターピルの成分は、2日程度が経過すると身体の外への排出されます。ですから、2日あれば元の体調に戻ると思ってしまいますが、服用してから数日が経って再び副作用の症状が出るケースもあります。
それが数日で治まることなく1~2週間も続く人がいますが、それでも妊娠のリスクを回避するためには必要です。
緊急避妊薬は体内の急激な変化を起こすものですので体調面での不安が大きいかも知れませんが、それでもリスク管理をするために服用すべきです。

アフターピルによる副作用で多い症状

妊娠のリスクを回避するために服用するアフターピルには様々な副作用が見られます。その中でも多いのが不正出血や浮腫み、抜け毛です。
不正出血はホルモンバランスの崩れにより引き起こされ、卵胞ホルモン量が過剰になって子宮内膜を維持できずに剥がれ落ちてしますのが要因です。ホルモンバランスが戻れば不正出血も治まります。

浮腫みもよくある症状の一つであり、体に水分が溜まりやすくなって水太りの状態になります。また、食欲の増進による浮腫みも見られ、体重増加が5kg以上にもなる人がいます。
抜け毛が見られるようになるのは、抗アンドロゲン作用があるためです。アンドロゲンは男性ホルモンの一種であり、毛を増やす働きがありますので、働きが抑えられると抜け毛が増えます。

規定上では72時間以内に服用するとされていますが、24時間以内でないと徐々に効果が低くなってしまいます。
副作用の心配ももちろんありますが、妊娠を避けるためにはやはり24時間以内を目安に、できれば非常に効果が高まると言われている12時間以内に服用することが大切です。
12時間以内に服用した場合、妊娠する確率はほぼゼロに等しいですし、24時間以内でも1.5%程度と非常に高い効果が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加